鑑定士!

様々なジャンルに精通し、プロの眼で見極める鑑定士の仕事

リサイクルマートアリオ八尾店のスタッフ全員がプロの鑑定士です!

 

販売商品イメージ

鑑定士という仕事

買取専門店に買い取ってもらいたい品を持っていった時、お店の方が値段を提示し、合意したらその値段で買取が成立しますが、そうした値段は誰が決めているのでしょう。買取専門店には様々なジャンルの商品が持ち込まれます。ブランド品はもちろんの事、楽器や家具、ゲームや家電、お酒なんてものもあります。それら全てにいくらの値が付くのか、そうした事を判断するのが「鑑定士」と呼ばれる方達です。

中古品買取店において、持ち込まれた品物を双方が納得のできる適正な価格で買い取るというのは当然、最も重要なことです。せっかく持ち込んだ品に満足のいく価格が付かないのであれば、誰もそのお店には商品を持ち込まないでしょう。つまり、鑑定する方達はその店の評価を背負って鑑定しているのです。そうした責任のある仕事ですが、中古買取店に持ち込まれる様々なジャンルの品を全て一人が判断するのは不可能です。なので、個人個人に得意なジャンルを持って仕事をしています。例えば、ブランド品の中でも特定のメーカーに強かったり、腕時計全般に得意であったり、古着屋雑貨類が得意であったり、と様々なジャンルを複数人で分担して鑑定しています。こうする事で、一人あたりが把握していなくてはならない知識の幅が狭まるため、そのジャンルについて深く知ることが出来るのです。しっかりとした鑑定には深い知識量が必須となります。そうした知識がある事で初めて、適正な価格を割り出すことが出来るのです。

ブランド品や貴金属類を売ることが多い方にとっては馴染み深いと思います。一方で、そうでない方にとってはあまり意識したことのない職業ではありますが、ここではそのような彼らの仕事について紹介します。

商品知識と顧客のニーズ

買い取り専門店に持ち込まれる品には様々なジャンルがあります。ジャンルそれぞれに精通した鑑定士がその商品の価格を定めるのですが、商品の状態以外にも価格を決める際に重要になることがあります。持ち込まれる商品の、そのほとんどに共通して言えるものなのですが、それは流行り廃りがあると言う事です。

どんな商品にも流行と言うものはあるのでそれを把握していなければ、適切な価格は付けられません。もう流行が過ぎ去ってしまったものを、全盛期と同じ価格で買い取ったとしてもそれを高値で買い取る人間は中々いないでしょう。その為、鑑定士には各種商品に対する深い知識と更には、その商品が現在どれほど流行っていて、どれほどの人が欲しいと望んでいるのかというニーズを把握する必要があります。流行り廃りは早いものですとワンシーズンで入れ替わってしまう程激しいものです。そうした流行りをしっかりと把握し、鑑定結果に反映させていく事も彼らの仕事です。流行に対するしっかりとした知識がなくては、低い価格を付け、買取を断られた商品が実は今人気が再燃して需要が高まっている商品だった、なんて事にもなりかねません。彼らは鑑定する事が仕事ですがそれは同時に、そのジャンルにおいてプロフェッショナルであるという事も同時に要求されているのです。

鑑定士の仕事に就くためには深い知識と、ニーズという市場の把握が必須となるのでとても大変な仕事です。特にそのどちらも一度覚えてしまえばそれで良いというわけでなく、常に新商品の発売であったり、流行り廃りの変化であったりと変動しているものです。それらを常にしっかりと把握しなければ勤まりません。ですが、こうした方々がいるからこそ、中古の良い品を安く購入できるのです。

時計や貴金属、ブランド品について

持ち込まれた商品を鑑定する中でも特に難しいものは、ブランド品や腕時計、貴金属類でしょう。そのどちらも偽物が多く、鑑定には神経を使いますし、商品の額が高いため自ずと高価買取になることが多く持ち込まれた方からの期待もその分高まります。

貴金属類はその種類と重さによって相場価格が変動します。なので、基本はそれを把握すればよいのですが、アクセサリー類ですとデザインやブランド等の付加価値もあり、そうした事を総合的に判断して値を付けなくてはなりません。腕時計でも、ブランドは重要となるでしょう。有名メーカーのものは当然高い価格がつけられますが、同じく流行り廃りの影響を受けやすい物でもあります。そしてブランド物ですが、時計や貴金属類のアクセサリーなどで買取に出される物の多くはブランド物です。他にもバッグや服などがあります。日本はブランド物が異常なほど人気ですので買取店に出される数もかなり多くなります。製造しているメーカー毎に得意としている鑑定士がいますので彼らが品ごとの特徴を見て、本物と偽物、いくらで売れるのかを鑑定していきます。

これらが鑑定士のもっとも多い仕事なのではないでしょうか。むろん、他のジャンルの物も持ち込まれ査定をしていく事はありますが、前述の通り日本のブランド人気は海外と比べてももの凄いものですから、数が多くなるのは仕方のない事でしょう。とはいえ、鑑定の仕事はブランド品等に限らず様々なジャンルがあり、そのジャンルごとにしっかりとプロの眼で査定をしてくれるので心配する事なく売りたい物を持ち込んでみてください。

 

 

買取商品イメージ
最新情報をチェックしよう!